E'tudes,ITTY-BITTY,JOHN ELLIOT+CO,Sasquatchfabrix,tone,NIT等を扱う代官山のセレクトショップ

DAYS corner スタッフブログ

E’tudes,TEATRA,NEXUSⅦ,Sasquatchfabrix,orslow,HBNS,TONE,NITなどを扱う 東京•代官山のセレクトショップ

“Daily Ornament(=日常を着飾る、日常を装飾する)“をコンセプトに日常の様々な要素を洋服から雑貨まで幅広くリンクさせ提案いたします。

有楽町で「フランス映画祭2016」巨匠リヴェット追悼上映

2016.04.29

DAYS-corner- 宮島です。

 

GWスタートしましたね。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

お休みの方もそうではないという方も

少し羽根を伸ばしてリフレッシュして下さいね*

 

4月の少しバタバタした疲れをこの休みの期間で

回復して下さいね*

 

さてGW期間とは関係ないのですが

少し楽しみな映画祭の情報が掲載されたので是非!

 

 

 

LA TÊTE HAUTE  de Emmanielle Bercot LES FILMS DU KIOSQUE

 

 

「フランス映画祭2016」が、東京・有楽町の有楽町朝日ホールとTOHOシネマズ 日劇にて、

2016年6月24日(金)から27日(月)まで開催されます。

第24回目となる今回は、新作12本とクラシック1本の計13作を上映予定。

オープニング作品に決定したのは、カトリーヌ・ドヌーヴ主演最新作『太陽のめざめ』。

親の愛を知らず人生に迷う少年と心優しい判事が出会い、新たな道をみつけるまでを描く人間ドラマで、

第68回カンヌ国際映画祭で女性監督史上2度目のオープニングを飾ったエマニュエル・ベルコが監督を務める。

また、巨匠映画監督ジャック・リヴェットのデビュー作『パリはわれらのもの』をデジタルリマスターで上映。

ゴダールやトリュフォー、ロメールらと共に、ヌーヴェルヴァーヴの中心的存在として活躍したリヴェット、

その瑞々しい魅力を堪能できる貴重な上映だそうです。

 

 

フランス映画をなかなか映画館で迫力のある体験を出来る事は少ない様に思えます。

有楽町の映画館、私も何度か通った思い出のある場所です…

 

 

当時「新しい波」と言われたヌーヴェルヴァーグ。

当時の魅力がたくさん詰まった映画を肌で体験出来る良い機会です。

是非足を運んでみて下さい。

 

 

 

【開催概要】
「フランス映画祭2016」
開催期間:2016年6月24日(金)〜27日(月)
会場:有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ 日劇

【上映スケジュール】
■6月24日(金)
・有楽町朝日ホール
17:00〜『太陽のめざめ』
・TOHOシネマズ日劇
21:15〜 『ミモザの島に消えた母』
■6月25日(土)
・有楽町朝日ホール
10:20〜『The Final Lesson(仮題)』
13:50〜『愛と死の谷』
17:10〜『モン・ロワ(原題)』
・TOHOシネマズ日劇
21:15〜『Asphalte(原題)』
■6月26日(日)
・有楽町朝日ホール
10:30〜『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲』
14:10〜『ショコラ(仮題)』
18:00〜『めぐりあう日』
・TOHOシネマズ日劇
21:15〜『パレス・ダウン』
■6月27日(月)
・有楽町朝日ホール
10:30〜『奇跡 教室受け継ぐ者たちへ』
14:00〜『エヴォリューション(仮)』
17:20〜『パリはわれらのもの』

 

 

Top