E'tudes,ITTY-BITTY,JOHN ELLIOT+CO,Sasquatchfabrix,tone,NIT等を扱う代官山のセレクトショップ

DAYS corner スタッフブログ

E’tudes,TEATRA,NEXUSⅦ,Sasquatchfabrix,orslow,HBNS,TONE,NITなどを扱う 東京•代官山のセレクトショップ

“Daily Ornament(=日常を着飾る、日常を装飾する)“をコンセプトに日常の様々な要素を洋服から雑貨まで幅広くリンクさせ提案いたします。

LINEN PULLOVER M65 JACKET

2016.04.24

 

 

 

DAYS-corner- 土田です。

 

 

本日は待ちに待った JOHN ELLIOTT + COの新作LINEN PULLOVER M65 JACKETをスタッフ宮島がコーディネート

 

 

一般的にM-65は「フィールドジャケット」と呼ばれていますが、ちょっとだけその歴史をご紹介します。

 

 

本モデルは第二次世界大戦から朝鮮戦争にかけて使用されたM-41やM-43、M-50、M-51フィールドジャケットの後継として開発され、1990年代の終わりにデザート・パターンの軍への納入が完了するまで実に40年以上にわたってアメリカ軍の現用モデルであり続けた。特に湾岸戦争では夜間、砂漠地帯の急激な冷え込みに対応するため、多くのM-65が支給され、テレビに登場する指揮官も着用していたため、ベトナム戦争以来多くの人々の目に触れることとなった。

 

M-43の洗練されたジャケットスタイルと、M-51のライナー統合システムを継承したM-65のデザインは他のモデルにも強い影響を与え、アメリカ軍のみならず、NATOなど周辺国の戦闘服でも類似するデザインを採用している例が多くある。日本においても近年自衛隊の採用された防寒戦闘服外衣の上衣は外観、素材、襟に収納するフードなどM-65に強く影響されていることがうかがえる。

 

アメリカ軍の装備品では防寒用衣料という位置づけとされるM-65ですが、JOHN ELLIOTT + COでは春夏アイテムとしデザート感満載のカッコイイ一着に仕上がっております。

 

それではコーディネートどうぞっ

 

DSC_0846

 

TOPS : JOHN ELLIOTT + CO

INNER : NIT

PANTS : JOHN ELLIOTT + CO

SHOES : Chaco

 

デザート感が春夏らしい素敵な一枚です。

 

風通りも良くこれからの季節にはピッタリです。

 

DSC_0844 DSC_0848

 

ローコードで絞りを効かせ、シルエットも自由に変える事が出来ますのでレイヤードも作りやすく安定の着丈といったところでしょうか*

 

足下はChacoサンダルで雰囲気UP。

 

DSC_0850

 

 

是非この機会にお試し下さい*

 

 

 

Top