E'tudes,ITTY-BITTY,JOHN ELLIOT+CO,Sasquatchfabrix,tone,NIT等を扱う代官山のセレクトショップ

DAYS corner スタッフブログ

E’tudes,TEATRA,NEXUSⅦ,Sasquatchfabrix,orslow,HBNS,TONE,NITなどを扱う 東京•代官山のセレクトショップ

“Daily Ornament(=日常を着飾る、日常を装飾する)“をコンセプトに日常の様々な要素を洋服から雑貨まで幅広くリンクさせ提案いたします。

Bitter fancy tweed

2016.03.15

 

 

 

DAYS-corner- 土田です。

 

 

昨日の雨は止み、スッキリとした天気に恵まれ気持ちの良い日となりましたね*

 

気温も上がりお散歩日和です。

 

さて本日は暖かいこともあり、昨日のセットアップのカラー違いであるBitter fancy tweed のNAVYで春らしく清々しいコーディネートを*

 

DSC_0788

 

ツイードとはイギリスやスコットランドの毛織物の一種で、ボーダー地方にあるツイード川流域が発祥の地とされています。語源となっているツイル(twill)は綾織という意味があり、正式にはスコットランド産の羊毛で紡いだ糸を綾織したものがツイードとなります。縮絨を行っていないので、模様がはっきりと浮きあがるのが特徴です。使用される糸は太めで、生地も厚めに仕上がります。

 

ツイードというと『冬』をイメージされる方も少ないと思いますが、実はこのツイードは暑い時は涼しく寒い時は暖かくという機能性があります。

 

イギリスでは古くから自転車を乗るときやスポーツなど、狩猟や農作業などなどたくさんの用途にツイードが着られていたんです。

 

現在でもその風習を現代に残すべく『ツイードラン』が世界で開催されていますね*自転車好き、ツイード好きは是非!

 

DSC_0782 DSC_0793

 

またこちらのBitter fancy tweedはコットン40%,シルク35%,ウール25%なので通常のウール100%のツイードに対し、柔らかくしなやかな着心地が特徴です。

 

太めの糸で織っているので生地はしっかりと、耐久性が高いです。糸を先染めして何色も使うので、細かい色柄が出来上がりとても雰囲気の良い一着に仕上がっております*

 

DSC_0796

 

サイドベンツはポケットに手を入れても無理が無いすたいるなので、よりアクティブに動きやすいです。

 

着丈も長過ぎず、短過ぎずでとっても品のあるシルエットです。

 

是非お試し下さい*

 

 

 

本日もみなさまのご来店、心よりお待ちしております。

 

 

Top