E'tudes,ITTY-BITTY,JOHN ELLIOT+CO,Sasquatchfabrix,tone,NIT等を扱う代官山のセレクトショップ

DAYS corner スタッフブログ

E’tudes,TEATRA,NEXUSⅦ,Sasquatchfabrix,orslow,HBNS,TONE,NITなどを扱う 東京•代官山のセレクトショップ

“Daily Ornament(=日常を着飾る、日常を装飾する)“をコンセプトに日常の様々な要素を洋服から雑貨まで幅広くリンクさせ提案いたします。

PULLOVER CASUAL JK

2016.02.15

 

 

DAYS-corner- 土田です。

 

 

こうも変わるかと思うぐらい昨日とは打って変わって今朝は気温が低く寒くなりました。

 

皆さま体調など崩されない様お気をつけ下さいね。

 

本日は先日入荷したばかりのtoneのPULLOVER CASUAL JKを早速取り入れました。

 

個人的にNAVYが今の気分色だったりしますが、正直NAVYのブルゾンは既にクローゼットの中に2、3着、、、あったような、、、

 

なかったような、、、

 

ってことでOLIVEで。笑

 

DSC_0911

PULLOVER CASUAL JK  OLIVE / ¥36,000(+tax)

 

 

コットン部分にはスイスコットンが使用されているため、しなやかなのが第一印象。

 

シャツ生地としての憧れのブランドになっている『スイスコットン』

 

この『スイスコットン』、スイス産の綿というのではなく、 「スイス国内で、紡績・織布・染色・仕上された生地」であり、 200年の歴史に裏打ちされた技術により、最高級綿として認知されています。
その特徴は、なんといっても「しなやかさと光沢、そして柔らかさ」にあります。 これは、原料として高級綿(スーピマやエジプト綿などの超長綿)を用い、 糸の撚り回数を多くしていることで生地にドライな張り腰感が残り、 織布においては織機のスピードを下げテンションを小さくすることで生地のふくらみ感を大きくしていることによります。 これが洗濯を繰り返しても劣化せずスイスコットン独特の加工風合いを生み出している所以です。

 

紡績・織布などは伝統的分業となっており、更にスイスの自然環境に配慮するための生産方式(水力発電利用等)や 水質汚染につながる化学薬品や柔軟剤を使用しないなど、エコでクリーンなイメージも定着しています。
しかしながら逆に生地が高価であるため、高級オーダー市場では3万円~4万円の最も高額なプレステージを確立しており、 現在のシャツ市場ではスイス製ファブリックは更に希少な存在になりつつあります。

 

生地感には高級感があり、同じtoneのDRESSERS SLACKSと相性は抜群です。

 

DSC_0915 DSC_0917

 

フードはガッポリ被れる大きめの設計ですので安心感があります。少し肌寒い時はパーカーと合わせフードを2重に重ね合わせてもok

 

またそのフードはスタンドカラーに収納可能なので、スタイルに合わせ雰囲気を変え楽しんで頂けます。

 

DSC_0919 DSC_0914

 

 

スラックスの着丈に合わせデザートブーツを合わせると丈感とのバランスがとってもきれいになるのでオススメです*

 

 

本日も皆さまのご来店、心よりお待ちしております。

 

 

 

Top